一括でプロ家庭教師の指導料を払った後の解約について

 プロ家庭教師の指導料の一括での支払いを求めるようなところは、そもそも避けるべきでした。
良心的で、人気があって自信のある派遣業者なら、そのような契約は迫りません。
解約も当然渋るでしょうが、法律的には十分可能です。
 家庭教師の契約は、特定商取引法によって途中で自由に解約できることになっています。
特定商取引法では、家庭教師契約について、8日以内ならどこで契約しようと無条件で解約できるとしています。
つまり、クーリングオフができる契約だということです。
8日以降であっても、解約金を支払いさえすれば、いつでも中途解約できます。
契約した期間が2カ月を超え、総額が5万円を超える場合に限られますが、解約は法的に守られた権利です。
派遣業者は契約の前後に、そうした契約内容を記した書面を渡さなければならないことになっています。
中途解約した場合の清算方法もそこに記載されているはずです。
家庭教師の場合、授業を受ける前の解約であれば、解約金は2万円が上限です。
授業開始後であれば、5万円か月謝相当額のどちらか低い額が上限金額となります。
そのため、そう高額な解約金を支払うこともなく、解約できます。
 授業料を後払いにしている良心的な派遣業者もあります。
授業料も、高ければいいというものでは決してありません。
家庭が支払う金額がいくらであっても、派遣のプロ家庭教師が受け取る金額は、どこの派遣業者であっても同じようなものです。
高い報酬を支払っていても、派遣業者の利益率が高くなるだけであり、月謝と家庭教師の質にはなんの相関関係もありません。
むしろ低価格の派遣業者のほうが、経営者が良心的だったりするので、良い家庭教師が根付きやすかったりします。